www.anapaulanegrao.com

私は学校は、点呼と大きな関係があると思います。 学校に到着して、イスに座ります。そして授業が始まると、先生は生徒の名前を一人一人呼んでいったものです。もちろん名前を呼ばれた生徒は、口頭でハイと返事をしていたものですが。 つまり学校という場所では、生徒の出席の状況を名簿を用いて口頭確認していた訳なのです。すなわち口頭による点呼です。 しかし社会人になると、その点呼の形式が異なってくるものです。会社によっては口頭での読み上げではなく、紙媒体で出勤を管理しているところもあります。また最近では、電子媒体による出勤管理を行っている会社なども増えてきているものです。社員証などで勤怠を管理しているところもありますが。 もっとも中には、今なお口頭での点呼を採用している会社も有ります。それは会社により様々なものです。 しかし少なくとも学校の場合は、生徒の出席状況を口頭での点呼で確認していたわけです。したがって学校という空間は、口頭での点呼を採用しているのが特徴の1つかと思います。

Link

Copyright © 1996 www.anapaulanegrao.com All Rights Reserved.