ぎっくり腰が原因での腰痛の対処法

ぎっくり腰は、立った時や歩いた時に突然に何の前触れもなくて腰の部分に激痛が走る症状の事を言います。セゾンカード

立った時などで突然に腰に激痛が走った時は、無理に歩いたりせずに少し安静になっておくことが重要です。

安静をしている時でもむやみに腰の部分を動かさないで、激痛が走っている部分に湿布を貼ったり、水で塗らしたタオルで当てておく事が良いです。

しばらく安静をしていると、腰の痛みは引いてくる事が多いが、腰の痛みが続く場合は整形外科などに通院する方がよいです。

私もぎっくり腰に何度かなった経験がありますが、数時間経過しても痛みが引かなかったので、近くの整形外科に通院する事になりました。

そして、痛みをできるだけ軽減するために腰を固定するコルセットを貰って、腰の周りに巻いて腰の痛みを和らげる対処を行いました。

ぎっくり腰を引き起こした場合で、痛みが続くようであれば坐骨神経痛の可能性が高いので、しばらくは整形外科に通院します。

Link

Copyright © 1996 www.anapaulanegrao.com All Rights Reserved.