より有利な契約でキャッシングできるのですから

ローンキャッシングした際、返済自体をする時には金利分を含めての返済になるのは知っていると思います。78-4-81

銀行又は金融機関は経営の利益をターゲットにした企業ですから必然です。78-5-81

しかし返済する方は、ちょっとでも少なく払いたいと思うのが本当の気持ちでしょう。78-9-81

利息制限法が定められる一世代前は、年30%近い金利を払わされていましたが、定められてからは高金利でも18%位と随分低く定められていますので、かなりリーズナブルになったような気がします。78-19-81

最近のキャッシングの金利範囲は4%位から18%位の範囲に決められていて、利用可能額により設けられます。78-12-81

使用可能額は借り主の信用によって決定されます。78-18-81

総量制限により収入の1/3までと決められていますので、年の収入がどれくらいあるのか?どんな職業なのか?キャッシングカードの利用履歴はどうなのか?あれこれ審査され貸付可能金額としてキャッシングサービスの内容が決まるのです。78-10-81

カードを使ったキャッシングの場合利用可能額が10万円〜800万円(各業者で利用可能額は一様ではありません)と広い範囲があります。78-2-81

そうしてその間の中で決められた利用できる金額により金利も決まってしまいます。78-13-81

50万円なら年間18%、300万円なら年率12%、800万円なら4%といった流れになるのです。78-15-81

つまり、査定が良ければ、与信限度額も多くなり、利子も低いというわけです。

これに疑問を覚えるのは私だけでしょうか?金融会社にとって、これらの事実は当然でしょうが、年収の良い人がキャッシングができないと困ると思えませんし、万が一お金を借りた場合でも利子が高かろうが低かろうが、お金の支払いに悩む事はないです。

反対に収入悪い人は直ちにお金が必要なので融資を受ける方がほとんどです。

利率が高いと支払いに困るなるはずです。

ですから可能範囲の低い人にこそ低利子で使用できるようにする必要があるのではないでしょうか。

この考えは活用する視点からの意見ではあります。

これらの事を考慮すると、利子を少なくする為にはどうすれば良いのか漠然と理解したはずです。

実際にこのようにして申し出をする人が多いので知らせますと、キャッシングの手続きに申込みをする時、年収の1/3ぎりぎりの額まで申込みの手続きをするのです。

年収450万円なら150万円。

年収900万円なら300万円でキャッシング審査で全額通ればそれだけ利子が低いキャッシングカードを持参することができるはずです。

と言って上限ギリギリまでキャッシングしなければいけないわけではありません。

1万円でも30万円でも必要な金額だけ使用できます。

そして利用限度可能範囲が300万円で最低利息年率7%位のローン企業も存在しますので、その企業に申し込めばその会社の最低利子で返済できるはずです。

どう感じましたか?やり方を変えるだけで低利息のカードローンを手に入れることが出来るのです。

自らの一年の収入とローン業者の利息を比較し、考える事に時間を掛ければ、より有利な契約でキャッシングできるのですから、しっかり調べるようにしなければなりません。

Copyright © 1996 www.anapaulanegrao.com All Rights Reserved.
78-7-81 78-20-81 78-16-81 78-8-81 78-14-81